青森松原教会ホームページ

青森松原教会は125年の歴史を持つ、キリスト教の教会です。

TEL:017-776-4800

 FAX:017-723-6809

〒030-0813 青森市松原1-16-27

02月

『O Lord! Correct Me』

私は、テレビドラマはあまり見ないのですが、『あさが来た』だけは、毎朝楽しみにして見ています。主題歌もフルバージョンを聴くと、なかなか良いことを言っているなあと思います。特に好きなのが次の箇所です。

『その距離を競うより どう飛んだか どこを飛んだのか
それが一番大切なんだ さあ 心のままに』

結果はもちろん大事ですが、そこに行き着く過程も同じくらい重要なことだと私も思っています。この歌詞を知ったときは、「その通り!」と嬉しくなりました。

さて、先日、成澤泉役の瀬戸康史さんが、とても美しい曲を熱唱されていました。この役は、日本女子大学の創立者である成瀬仁蔵がモデルとなっています。歌っていたのは、ヘンデル作曲の『O Lord! Correct Me』という曲でした。

O Lord! Correct Me,
Not in Thine anger;
Have mercy on me,
And blot out all my sins.

日本語にすると、
『主よ、私を正してください
怒りではなく、あなたのお慈悲によって
私の罪をすべて消し去ってください』
という感じでしょうか。

このシーンに興味を覚え、日本女子大学のウェブサイトを見てみましたら、この曲は、『成瀬の愛唱歌として、長らく歌い継がれてきた歌です。』と書かれていました。成瀬氏は大阪の浪花教会で受洗したクリスチャンで、『聖書を持つ青年』と言われていたそうです。私の中では、瀬戸康史さんのイメージで成瀬仁蔵像ができあがってしまいましたが、実際にはどういう方だったのかなと、思いをめぐらせています。

「女性が大学で勉強するなんて、とんでもない!」という時代があったとは、今の私たちには考えもつかないことです。今の「当然」も、時が移れば「あり得ない」ことになるかも知れません。そう思えば、今起きているすべてのことが不確かなものに見えてきます。

このドラマがきっかけで、キリスト教と教育の結びつきに、ますます興味がわいてきました。タイミング良く、近々、同志社大学を訪問する機会もあり、初めて訪れるキャンパスがどのような雰囲気なのか見てこようと思います。ちなみに、我が母校の創立者もこのドラマに出ているのですが、ちょっとイメージが違うような・・・と、一塾員として感じております(笑)。

これからも、成澤泉の活躍を楽しみにしています。

(YN)

美しい歌声で賛美する

2016年1月17日(日)にACC(青森市キリスト教協議会)一致祈祷会に行って来ました。今年はカトリック浪打教会が会場でしたが、その時の讃美歌のハーモニーがとても素晴らしかったのです。いくつかの「キリエ」と讃美歌57番「ガリラヤの風かおる丘で」が歌われたのですが美しい合唱になっていて、こんなことはなかなかないなと思いました。

7つの教会から人が集まっていて、会場は満杯に近い状態で、私は真ん中の少し後方の席にいました。後ろから美しい歌声が聞こえてくるので、2つのことを考えました。

①担当教会の人々は受付等、様々な仕事をしているので、後ろの方に座る事が多い。では、カトリック浪打教会の合唱力が強いということか?

②7つの教会からいろいろな人が集まっているので、たまたま歌がうまい人がそろったのか?

本当のところはわかりませんが、とても良い讃美歌を聞けて良かったと思いました。自分も歌っていましたけれど。

そうしたら翌週24日の日曜日の礼拝の時、カトリック浪打教会の有志の方々が、当青森松原教会に聖歌隊の練習を見学しにいらっしゃるということを聞き、驚きました。「あんなに美しく歌えているのに」と思ったのです。

二つの教会が一緒になっての練習は楽しかったです。何年も前には月一回とか二回とか、いくつかの教会の人々が集まって歌の練習をしていた時代があったそうです。講師をしていただく方を探す等々、大変そうですが、またそういう練習ができたらと考えます。

『讃美歌』という名前を本当の意味で実感できたすてきな体験でした。

(M)

聖バレンタインデー

いつの間にか、1月が過ぎ、2月になってしまいました。昨年の暮れまでは、「今年の冬は雪が少なくって良いね。年が明ければもう直ぐ春。後、降っても大いしたことないね~~~」と、多いなる希望を込めて話していました。

世の中そう甘くない。神は私たちに平坦な道を与えてくれない。

新年からの雪との戦いは、例年並み?かそれ以上?もう少し頑張りましょう。

2月3日は「節分」、次の日は「立春」春が立ち上がり、行動を開始しました。豆を食べ、南南東を向いて恵方巻を食べ、立春君を応援しましょう。

2月14日「聖・バレンタイン・デー」。3世紀、イタリア人キリスト教司祭であるバレンティヌス(英語読み・バレンタイン)が結婚禁止令を破り、密かに若者たちに結婚させていました。その事が皇帝の知るところとなり、2月14日に処刑されたそうです。その後、幾つかの変遷を経て。バレンティヌス司祭は聖人の列に加えられ、以来「聖バレンタイン・デー」と若いカップルを祝う日なったようです。

結婚を望んでいる日本の若者にも、聖バレンティヌスが願った神のみわざが働き、良い伴侶にめぐまれますように。チョコレートを食べながら、お願いを新たにするこの頃です。

(R)