青森松原教会ホームページ

青森松原教会は125年の歴史を持つ、キリスト教の教会です。

TEL:017-776-4800

 FAX:017-723-6809

〒030-0813 青森市松原1-16-27

05月

教会の健康診断

皆さんは健康診断を受けていらっしゃいますか?人と同じで、教会も健康診断が必要だと、今回改めて気付かされました。症状が分からなければ、治療法を決められないのと同じように、教会の現状が分からなければ、その状況への対処は不可能です。まず己を知ること。その重要性を感じました。

5月10日(土)、11日(日)と、キスト岡崎宣教師ご夫妻をお招きし、伝道集会、伝道礼拝に引き続き、教会修養会でもご奉仕いただきました。修養会の中で、教会の健康診断をしていただきました。ご用意いただいた質問用紙により、いくつかの質問事項に答えていく形で進行していきました。4グループに分かれ協議を進めたのですが、終了時間が過ぎているのに「時間が足らない」と多くのグループが話し続けていました。正直、赴任して2年の間、修養会や信交会を行ってまいりましたが、このように「時間が足らない」という反応は初めてでした。驚いています。伝道への熱い想いが教会の中に芽吹き始めています!

この熱い想いを無駄にしてはならないと考え、5月25日(日)に教会信交会を行い、修養会の学びを更に深めました。

健康診断を元に、そこから気付い事や驚いたことをグループに分かれて共有した上で、それらを土台に「では、青森松原教会はどのような教会になりたいですか?」と問いかけ、改めてグループごとに協議していただきました。

「自分の気持ち、抱えている問題、個人的な悩みを言い合える教会でありたい(牧師に、長老に、教会員に)」、「自分の賜物を生かせる奉仕をし、喜びの教会を形成したい」、「困った問題に直面したときに、教会員同士が祈り、分かち合える教会になりたい」、「すべての来会者を心から温かく迎える教会でありたい」、「にこやかに誰とでも挨拶し合える教会でありたい」、「楽しい笑いに満ちている教会になりたい」、「何でも話し合える仲間になりたい」、「教会が声をかけ合える場でありたい」、「気楽に新しい人が来られる教会でありたい」・・・。

13項目挙がった内、実に9項目が「交わり」に関する「願い」でありました。「礼拝出席者の名前がわからないので、名札を付けて欲しい」などの具体的な声もありました。挨拶や名札など、今すぐに始められることもありました。

この結果から分かることは、それだけ今の青森松原教会に「交わり」が足りていないという現実であります。この「症状」を教会で分かち会えたことに大きな意味があると思います。「早くこの話し合いの続きをやりたい!」そのような声が参加者たちから聞こえてきました。

「さあ、ではまず挨拶をしてこの会を閉じましょう!グループの人全員と握手をして、挨拶をして帰りましょう。」

みんなニコニコしながら挨拶して帰途へつきました。教会の中で、確かに何かが動き始めています!これからの歩みがますます楽しみになりました。

たくさんの気づきを与えてくださったキスト岡崎宣教師ご夫妻のお働きを心から感謝申し上げます。来年、また来てくださることになりました♪

RIMG0419_compressed

母の日フラワーアレンジメント

母の日は、アメリカのある御婦人の「亡き母を追悼したい」との想いから始まった営みです。フィラデルフィアの一つの教会から始まった行事が、全世界へと広まり、アメリカでは5月の第二日曜日が国の祝日と定められるまでになりました。一つの教会の営みが、全世界へと広まったように、私たち一人ひとりの歩みを通し、キリストの福音が全世界へと届けられることを願い、祈ります。

青森松原教会の子どもの教会(CS)では、毎年母の日に無料のフラワーアレンジメント教室を開催しています。今年は子ども12名の参加がありました。すでに参加者やそのご家庭から、喜びの声がいくつも届いています。やって良かったです。

牧師の学び仲間であるloveaomori関係からもウッチー家とあゆっぺ家がご参加くださいました。出会いと交わりに感謝。

RIMG0351_compressed

小児洗礼式(幼児洗礼式)

5月4日(日)の礼拝において、教会としては10年ぶりの小児洗礼式(幼児洗礼式)を執り行いました。赤ちゃんがいると、礼拝も、お食事の時間も、教会全体が笑いと笑顔に包まれ、活気が出ますね。ずっと居てくれれば良いのですが、ご一家はそのまま礼拝直後に愛媛へと帰られました(^^;)。
この先のご一家の信仰生活を考えると、愛媛の教会での小児洗礼も相談しながら一緒に考えてはいたのですが、「大澤先生に授けて欲しい」と嬉しいお言葉をいただきました。
受領したその子にとっては、青森松原教会が母教会。これからも母なる教会として彼女の信仰生活のために、祈り、奉仕し続けてまいりたいと思います。

お昼にいただいた、お土産の讃岐うどんも美味でした♪幸せな一日。感謝。

ご一家は1800kmの道のりを、3日かけて車で戻られているはず。GWの渋滞の様子などをニュース見ながら、覚えて祈っていました。そろそろ無事に着いた頃でしょうか?さっき奥様から教会のフェイスブックページに「いいね!」マークの送信が届いておりましたので、おそらく「無事に帰りました」のお知らせでしょう。良かったです。

IMG_0512_compressed

 

青森松原教会の受難週~イースター

4月中旬から5月中旬にかけては、総会シーズンとなります。教会総会、地区総会、教区総会、それ以外にも町会総会、青森市読書団体連絡会総会、出身大学の青森支部総会etc.・・・。それぞれで、議長や書記、補助書記などの役割を担っているため、総会資料の印刷製本等多くの準備が重なるため、なかなか身動きが取れなくなります。今回はそれに4月20日(日)のイースターが重なりました。ブログの更新が遅れて申し訳ありませんでした。何人かの方から、ご心配の連絡をいただきましたが、牧師自身は至って元気です!

受難週の日曜日、礼拝後に受洗志願者試問のための臨時長老会を開催しました。「試問」というと堅苦しい響きがありますが、志願者が受洗の志に至った証しを聴き、長老たちのいくつかの質問や励ましの言葉が交わされる、温かい雰囲気の会です。今回の試問には、志願者を祈りの中で導いてくださった、教会員であるお母様もご参加くださいました。満場一致で志願が承認された後、志願者を覚えてみんなで祈りました。

洗足木曜日の夜、そして受難日の朝、それぞれ祈祷会を守りました。主イエス・キリストが十字架にかかられた受難日には、「十字架上の7つの言葉」による聖書研究を毎年続けています。

イースターの朝、姉妹教会のイースター礼拝がハンセン病療養施設内で行われた後、教会のイースター礼拝で洗礼式が執行されました。教会中に喜びが溢れました。受洗者の家族と共に、礼拝後イースター祝会を行った後、午後1時からは教会総会を行いました。教会の1年の歩みの振り返りと共に、新しい1年の歩みについて話し合いました。

全国諸教会の新しい一年の歩みのために祈ります。

RIMG0252_compressed