青森松原教会ホームページ

青森松原教会は125年の歴史を持つ、キリスト教の教会です。

TEL:017-776-4800

 FAX:017-723-6809

〒030-0813 青森市松原1-16-27

05月

様々な顔を持つ教会

初めまして!青森松原教会に通い始めて8ヶ月のynです。これからは時々ここに現れる予定ですので、どうぞよろしくお願いいたします。

私がこの8ヶ月で感じたことは、「教会は様々な顔を持っているなあ」ということです。毎週日曜日の礼拝では、穏やかで厳粛な気持ちになります。礼拝の5分前に鐘の音が鳴り始めますが、心を静め、祈り、礼拝への備えをする時間です。清々しい緊張感が漂います。礼拝の中で、私が一番ありがたく思うのは、大澤牧師が語るメッセージです。ひとりで読んでもなかなか理解できない聖書の一説が、スーッと頭に入り、分かるようになるのはとても嬉しいことです。

礼拝後は、昼食会またはお茶の会があります。婦人会の方々が忙しく活躍される場です。教会が「静」から「動」に変わります。今回のメニューは、「チキンピラフとコンソメスープ」で、大変おいしくいただきました。また、毎月第3日曜日には、「キリスト教入門講座」があります。キリスト教についての基礎知識を得られる貴重な場で、私のような知識の浅い者には大変助かっています。

そして、毎月第2土曜日の夕方には、「ゴスペルの夕べ」があります。バンドも入って、音楽中心の楽しく賑やかな夕拝です。20代~30代の若い方々が多く見られ、教会は、日曜日の朝の礼拝とは全く違う顔を見せます。

これからも青森松原教会は、まだ見たことのない新しい顔を色々見せてくれるはずです。それを楽しみにしながら、私は聖書の教えをひとつでも多く理解できるように努力したいと思っています。ではまた!

(YN)

ペンテコステ(聖霊降臨祭)

クリスマス、イースターと共に一年間の最大の三つの祝日の一つです。

ペンテコステとはギリシャ語の「50」という意味でイースターから50日目を指しています。

聖書の中では「7」という数字が「聖なる数、神に属す数、完全を示す数字」とされているので、7の倍の49日が経過してその次の日の「50日」という区切りに一つの意味を置いています。イースターが移動祝祭日で、毎年変わるので、ペンテコステも毎年日にちは変わりますが、初夏の「緑のクリスマス」と言われるほどです。

 

『花ずおう(花蘇芳)』 という木があります。

青森市内のお宅のお庭に良く見られまして、ピンクの細かい花が咲く美しい木だなあと思っていましたが名前はわかりませんでした。今年やっと花ずおうというのだとわかりました。日本には江戸時代に中国から入ってきたらしいですが西洋花ずおうという種類もあり、それはユダが首を吊って自殺した木とされると書いてあるものがあり、驚きました。

 

昨年の4月に洗礼を受けてからやっと一年が経ちました。まだまだ知らないことだらけです。日々の生活の中でキリスト教に触れながら生きていきます。

(M)

聖餐式

毎月「第一主日礼拝」には「聖餐式」が執り行われます。聖餐式は、洗礼を受け、信仰を告白した信徒があずかる大切な聖礼典です。

主イエス・キリストがパンとぶどう酒を取り、「これは私の体、私の血である」と言い、新しい契約(新約)として弟子たちに分け与えたことに基づく儀式です。

日々の忙しさの中、雑用に追われ、神の愛も忘れがちな毎日ですが、毎週の「主日礼拝」、毎月の「聖餐式」にあずかり、神の愛を改めて感じ、感謝の気持に気づかされます。

とかく私達は、普段周りにあるもの、簡単に手に入るもの、いつも親切にして下さる方への感謝の気持ちがだんだん薄れて行きがちです。最初の感動、感謝の気持ちを持ち続ける事の難しさも知っています。

毎週の「主日礼拝」で 毎月の「聖餐式」で神の愛を気づき又薄れと、振り子のように揺れています。

揺れ幅が狭くなったな~   と感じられる日が来るのでしょうか?

 

「聖餐式」と言えば、昨年北スペインにあります「サンティアゴ・ デ・ コンポステーラ」をツアーで訪れた時、偶然にも「聖餐式」に預かりました。感激のひとときでした。

「人の偶然は神の必然」と言われています。この素晴らし偶然に、感謝するのみです。

 

(R)