青森松原教会ホームページ

青森松原教会は125年の歴史を持つ、キリスト教の教会です。

TEL:017-776-4800

 FAX:017-723-6809

〒030-0813 青森市松原1-16-27

12月

クリスマス・ツリーについて

多くの家庭では、クリスマスが近づくときれいな灯りのクリスマス・ツリーを飾ります。

統計によると、アメリカの約3分の2の家庭ではクリスマスの楽しさは灯りをつけたクリスマス・ツリーが中心だと言っているという。

クリスマス・ツリーにモミの木が用いられるようになったことの伝説がある。

8世紀の頃、ドイツに派遣された最初の宣教師ボニファティウス(紀元672-754年、もとの英国名:ウィンフリド)が、オーディン(北欧神話の神)の神聖なカシの木に人身犠牲をささげようとしている様子を見て、彼らにこの野蛮な行為をやめ、まことの神に帰依するように説得した。丁度かたわらに生えていた小さなモミの木を指し、これを家に持ち帰って、幼子キリストの御降誕を祝うようにすすめたが、その日は12月25日であったというのである。

他にも諸説あると思うが、いずれにしてもクリスマスは暗闇の中にある人々に希望の光を与えてくださる救い主イエス・キリストの御降誕を心から喜んでお迎えすることが一番である。

新年も神の御守りと御導きに感謝を忘れず、礼拝や祈祷会などで、みな共に祈りを合わせ、信仰によるしっかりとした歩みを続けたいと思うのである。

(R.E.)

小説と私

TVを見ていて特に気の引かれたドラマの「漱石悶々」の宣伝です。私は小説が好きなので、これを見ることにしました。20代の頃の私は「明治大正文学全集」に読みふけった時代がありました。中でも「わが輩は猫である」「坊ちゃん」「草枕」等々。私は漱石の全作品を読みまくったようです。他にも引かれた作家は何人か居ましたが、漱石はダントツでした。自分の書く文章も漱石寄りが自覚されました。家人の一員から「母さんの文章の中身に文句はつけないが、文章のワンセンテンスは短くした方がいいよ。」と注意されて、私の漱石好みが良くない流れを作っているんだなとの反省を持ったこともありました。

あれから70年余。生活環境の変化はいつのまにか大きく小説への思い入れも変えたようです。TVのドラマを見ても「かつての紳士意識のうすれた文豪にされてしまったな」くらいの視聴後の感想として残る程度になりました。

生活環境の変遷が物事に対する価値観を変えるのは当然の成り行きと思いながらも、私の場合単なる生活環境の中に宗教の有無が関わっている事を強く感じています。13歳の時に不当な妹の死によって、神と出会って以降の生活が、時には濃く、時には淡く私の感覚を揺さぶるのです。このような日々を通して私は、後期高齢者の身となってしまいました。いつ襲われるかわからない体調不良の日を神様の御心のままに任せて、時々訪れる神の御恵みに幸福感を味わいつつ、今日も次に読むべき小説を探し続けております。

(K.N.)

クリスマスを待ち望む

イエスさまのご降誕を待つ季節を過ごしています。

慌ただしく過ごす中、クリスマスの諸行事が早く終わるといいなと思ってしまいます。

求められていることが出来ない自分を情けなく思い、教会に行くことが苦しくなることがあります。

 

イエスさまのご降誕の物語、母となるマリアは、天のみ使いの言葉に答えます。

「お言葉どおり、この身に成りますように」

主のお言葉の通りにこの身を用いてくださいという従順さ、献身の思いだけを告白しています。自分の思いや願いではなく、主のみ言葉を待ち、主のみ心が行われることだけを祈っています。

 

マリアの献身の思いに触れて、重かった私の心は少し軽くなり、私もそういう献身の思いで教会生活を送っていきたいと思いました。

クリスマスまでの日々を祈りながら待ち、お祝いしたいと思います。

(S)

「クリスマスツリー点火式」に寄せて

11月27日(日)午後5時からの「クリスマスツリー点火式」へ、息子に送ってもらい、孫2人とともに参加しました。讃美歌を共に歌い、牧師のお話しに耳を傾け、「クリスマスツリー点火」となり、イルミネーションの美しさに心洗われる思いをし、いよいよクリスマスを待ち望む気持ちが高まりました。

参加者も多く(60名以上)、点火式後、礼拝堂において多くの方々と談笑し楽しかったです。子どもたちも初顔合わせながら楽しそうに遊んでいました。

12月に入ると教会では

・10日(土)13:00~子どもの教会クリスマス祝会

・同日16:00~ゴスペルの夕べクリスマス(子どもの教会クリスマス共に、ゴスペルフォークシンガーの神山みさ氏による特別コンサートあり)

・24日(土)18:30~イヴ聖夜礼拝(工藤正志氏によりギター演奏、ハレルヤコーラスあり)

・27日(火)11:00~子どもの教会もちつき

などが予定されています。どうぞご近所、お知り合いの方などお誘い合わせの上、ご来会ください。

この日の全ての恵みを心から神様に感謝しつつ。

(R.E.)