青森松原教会ホームページ

青森松原教会は126年の歴史を持つ、キリスト教の教会です。

TEL:017-776-4800

 FAX:017-723-6809

〒030-0813 青森市松原1-16-27

03月

青森の春

3月。
雪、雪、雪。
そして、家の前が回廊状態になりました。

時々、小雨交じりの雪と雨に洗い流されて、日毎に雪が消えてゆきましたね。
やっと、春です。

春が着た、春が来た。
春が来たを実感いたします。

菊が今年の春芽を宿して、芽を出しました。
チューリップも、つぼみを持っています。
カサブランカの球根は、ビニール袋に入ったまま玄関でひと冬をすごしました。
腐りもせず、凍ることもなく、元気に根を出し、芽もついて育っています。

私たちクリスチャンは、どんな花を咲かせ、実をつけるのでしょうか?
お楽しみに10人10色、人さまざま、それぞれに・・・。

ハレルヤ、ハレルヤ。ハレルヤおばさんより(Y. K.)

受難節を迎えて

教会の暦は受難節〈レント〉を迎えました。 十字架につけられたイエス・キリストの苦しみを偲びつつ、 復活節に向けて心の備えをする期間を過ごしています。

キリスト教作家である三浦綾子の著作から、心に響く366の言葉 (名言)を収録した『三浦綾子366のことば』(森下辰衛監修、 日本キリスト教団出版局、2016年)を読みました。その中に、 受難節にふさわしい次のような言葉がありました。

「もしイエスがいかに偉大な人物であっても、 十字架上に人類の罪を負わなかったとすれば、 世界の歴史を変えるような存在にはならなかったであろう。また、 イエスの死が単なる死であり、その死ですべてが終わりであれば、 今日までの二千年、キリスト教は続くことはなかったであろう。 キリスト教の中心はこの十字架の死と、そして、 生前イエス自ら預言されていたように、三日目に甦ったという、 復活の事実なのである。」(三浦綾子『新約聖書入門』)

神はご自身の形に似せて、人間を創造されましたが、 人間は神から離れ、 神に背いて自己中心に生きるようになりました。 それが人間の罪です。しかし神は独り子イエス・ キリストをこの地上に送り、み子の十字架の死によって罪を赦し、 私たちを神との親しい交わりの中に生きるように変えてくださいま した。

三浦綾子『氷点』(1965年)は、 すべての人間が持っている罪、「原罪」 をテーマとして書かれています。また、続編である『続氷点』(1 971年)のテーマは、「罪の赦し」です。
1972年頃、三浦綾子さんの講演を聞きました。「 人間の罪はとても大きいのです」と、両手を広げて、 罪の深さについて語られた綾子さんの信仰の証しが印象的に思い起 されます。

私たちの罪を悔い改めて、神の愛に感謝しましょう。
心から感謝と喜びをもって、復活日(イースター) を迎えることができるようにと祈ります。(M.N.)