青森松原教会ホームページ

青森松原教会は127年の歴史を持つ、キリスト教の教会です。

TEL:017-776-4800

 FAX:017-723-6809

〒030-0813 青森市松原1-16-27

トピックス

  • 青森松原教会のホームページを開設しました!(2013年4月30日)
  • 「鐘の鳴る教会」
    青森松原教会は、毎日3回(8時、12時、18時)に教会の塔からカリヨン(鐘)の音が響きます。欧州において古くから教会は「時を告げる場所」とされていました。教会の鐘の音を聞き、人々は今がどういう時かを知るわけです。学校のチャイムの原型となったのも、教会の鐘であったと言われています。
    時報のような役割と共に、もう一つ教会の鐘には重要な役割がありました。それは礼拝の開始を知らせる合図としての鐘です。人々の生活の中心に礼拝があったからです。礼拝開始を知らせる鐘は、時報の音よりも長くなります。青森松原教会でも、その伝統を大切に守り、日曜日の礼拝開始時にはいつもより長く5分間、鐘を鳴らし続けています。この音を聞き、一人でも多くの方が礼拝に集うことを祈り願いつつ…。
    教会Facebook始まる!(2013年6月13日)
    https://www.facebook.com/0286church
    教会ホームページよりは更新の頻度が高いです。どうぞご覧いただき、「いいね!」していただきますよう、よろしくお願いいたします。最新の情報を随時発信していきます!
  • 「0286church」
    「アドレスに記されている0286churchとは、どういう意味ですか?」との問い合わせが、何件か寄せられました。「0286」で「まつばら」と読みます(「0930」で「おくさま」、「0840」で「おはよう」と読ませるのと同じように)。アドレス名を決める際に悩んだのが、名前の長さでありました。「matsubara-church」、「aomori-matsubara-ch.」、どれも長くてピンとこない。そのため、「0286church」を採択しました。


あなたは無料カウンター人目の来訪者です。

次週の説教題

2019年9月22日(日)

説教題 「つまずかない人は幸い」  半澤洋一 牧師

聖 書 イザヤ書35章1-11節 ルカによる福音書7章18-23節

› more

新着情報

9月16日(月)、HP更新しました。

次週の説教題を更新しました。伝道部員による持ち回りブログ投稿を掲載しております!「病を与えられて」と題した投稿をいただきました。どうぞ、ご覧ください

【教会とは】 教会は、主イエス・キリストによる神の民であり、その神を礼拝する者の群れです。 神に召された者の御言葉に基づく共同体の交わりであって、神を礼拝し証することによって神に仕え、神が御子イエスにおいて仕えたもうこの世に仕えつつ、神の国を待つ者たちの群れです。 そのような群れとして教会は、礼拝(式)と聖礼典(洗礼、聖晩餐)を行い、主イエス・キリストを宣べ伝え、主に従って神の業に励みます。

【質素・清潔な生活】 聖書は信仰者を、キリストのからだの部分、聖霊の宿る神殿と呼んでいます。私たちは神の恵みとして与えられている自らの体と生活を、神がそれを用いて働きたもうところと考え、その健全(シャローム)・清潔に注意を払わなければなりません。物質的にも神の賜物を大切に考え、必要なものは積極的に活用しつつ、しかし、いたずらな浪費は戒めして、質素な生活を心がけましょう。

【聖書の学びと祈り】神の言葉は信仰者の命の糧です。私たちは一人一人が聖書による御言葉の受け手であり、従って各人が聖書の読み手です。礼拝における聖書の説きあかしに傾聴し、また聖書研究会(青森松原教会では、「聖書を学び祈り合う会」として毎週(水)10:30から集会をしています)などに参加するとともに、個人・家庭でも日毎に聖書を聞き、祈りをする良い習慣をもちたのです。

› more