青森松原教会ホームページ

青森松原教会は125年の歴史を持つ、キリスト教の教会です。

TEL:017-776-4800

 FAX:017-723-6809

〒030-0813 青森市松原1-16-27

11月

箴言を読むのが好きです。

旧約聖書の中に箴言という書があります。ヘブライ語で「マーシャル」と呼ばれ、意味は「比較」だそうです。日本語の格言のようで短く、意味もわかりやすいので、私の好きな書です。

今、自分の慰めとしている箴言の一節は16章8節です。

「稼ぎが多くても正義に反するよりは、僅かなもので恵みの業をする方が幸い。」

人見知りで器用でもなく、毎日「ああ、あの時は違う言い方をした方が真意を簡単に伝えられたのに」などと反省しがちです。そんな時、思い出します。自分の業は僅かしかないが、一つひとつコツコツと生活していけば、必ず成長すると思っているからです。解釈の仕方としては間違っているかもしれませんが、そう考えています。

話は変わりますが、11月22日(土)に弘前市の石川の辺りにある東奥義塾高校で行われたパイプオルガンのコンサートへ行ってきました。年1回なのでしょうか。無料で午後2時から3時15分まで11曲聞きました。昨年度から行ったのですが、今年度は日にちも1週間早くなり、コンサートの開始時刻も1時間早くなりました。青森市からだと2時間くらいみると間に合います。少し遠いですが、やっぱり音楽は生で聞くととてもいいです。迫力が違います。無料ですので、皆様もどうですか?

「身近にクラシック~歌とおしゃべり~」

11月16日(日)の午後、青森松原教会に素晴らしい歌声が響きわたりました。

14時から礼拝堂において、三上伸和氏・三上千加枝氏ご夫妻のコンサートが開かれました。ご夫妻は青森にお住いになり、地域に根差した音楽活動を展開し、私達にクラシック音楽の素晴らしさ、オペラの素晴らしさ等を身近で楽しめる機会を与えてくださっています。

今日は本当に素晴らしいひと時でした。直ぐ目の前で、お二人の表情、息遣いを直接間近に感じながらのひと時。マイク無し、ストレートに心に沁みこんで来る素晴らしい歌声。どの様に表現した良いのでしょうか。

一曲毎に、作曲家の人となりやエピソードを交えて、時にはユーモラスに、曲のバックグラウンド等も紹介してくださりました。正にコンサートのタイトル通り、クラシックが身近に感じられました。

教会と音楽は車の両輪の様なものだと考えています。聖書と讃美歌。礼拝堂に響きわたるお二人の素晴らしい歌声。

来年のコンサートも約束してくれました。今回来れなかった方、ぜひ来年はいらしてください。定期コンサートになれば良いな~~~。

(R)