青森松原教会ホームページ

青森松原教会は125年の歴史を持つ、キリスト教の教会です。

TEL:017-776-4800

 FAX:017-723-6809

〒030-0813 青森市松原1-16-27

12月

聖夜に思うこと

2015年12月24日に聖夜賛美礼拝がおこなわれました。今年はチラシに工夫をこらしたり、教会のHPやフェイスブックの活用など様々に試行錯誤しました。またアルパ奏者小野華那子氏の演奏もあり、92名の出席のもと無事に終えることができました。皆様の御奉仕と神の御加護を感謝します。

今年の伝道礼拝で久しぶりにマララさんの名を聞きました。となると「もう一人のマララさん」であるパキスタンの少女、ナビラ・レフマンさんのことが気になりました。米国のドローンによる誤爆で祖母を失い、兄弟と共に負傷しました。2013年に米議会公聡会で直接ドローン攻撃を止めるように訴えましたが、そこに来た議員はわずか5人だったそうです。彼女が望んでいることは教育を受けることです。米軍のタリバンの掃討作戦などでパキスタン軍から家や土地を奪われ、避難生活を余儀なくされています。学校には通えていません。

同じパキスタンの少女マララ・ユスフザイさんはタリバンに襲われても屈しなかったとして大々的に報道され、ナビラさんの場合は米軍の誤爆というせいか。ほとんど無視されています。2015年、ナビラさんは広島を訪問し、被爆者の方々と交流しました。いつの戦いでも犠牲になるのは市民です。

2016年はその犠牲がなくなるように祈ります。

(M)

神さまからのプレゼント

救い主イエス・キリストの誕生を喜び祝うクリスマスを迎えます。

私は幼少の頃、クリスマスにプレゼントをもらうのが楽しみでした。クリスマスの朝、私が寝ている間に母がそっと枕元に置いてくれたプレゼントを見つけて、それをサンタクロースが本当に持ってきてくれたものと思い込んでいました。

サンタクロースからのプレゼントは、神さまから与えられた物であること。そして神さまは、私たちに、その独り子であるイエス・キリストという最大のプレゼントを下さった方であることを信じられるようになるのは、ずっと先のことでした。

イエスさまがお生まれになったとき、天使たちが現れて神さまを讃美したと、聖書は記しています。神さまの愛に感謝し、天使の喜びの歌声に声を合わせて、神さまの栄光をほめたたえましょう。

(M・N)

光陰矢の如し

「光陰矢の如し」「Time flies」今年も暮れようとしています。

毎年同じことを言っています。「もう十二月だよ。一年早かったね。」

 

「今年は特に早い!!」 これも同じです。

振り返れば、理不尽な殺戮が繰り返された、一年でした。

 

「私達の時は神の御手の中にある」「神はすべて世に起こる出来事をご存知」と、聖書は語っています。

迎えます新年、全ての人が安らげる、平和な年となりますよう日々祈るばかりです。

 

青森松原教会は年末に向かって、まだまだ行事があります。

12月20日(日)10:30~「クリスマス合同礼拝」、「クリスマス祝会」

<ゴスペルの演奏や聖誕劇(ページェント)があります>

12月24日(木)18:30~「イヴ聖夜礼拝」

<ハレルヤコーラスの合唱やアルパ奏者:小野華那子氏によるミニコンサートがあります>

12月29日(火)11:00~「子どもの教会の餅つき会」

<未就学児~中学生ぐらいのお子様とそのご家族を対象にした行事です>

 

神の御手の中で、全てが順調に行われますように 併せて祈りを捧げます。

(R)

アドベント

イエスさまのお誕生を待ち望む季節を迎えました。教会の中はクリスマスリースなど飾り付けられ、夜にはイルミネーションが輝きはじめました。

今年のクリスマス、心を込めてイエスさまのお誕生をお祝いすることができますように。神さまは、長い間、一人一人のことを大切にし、守り続けてくださったことを、聖書から学んでいます。そして、その約束は、必ず成し遂げられると信じます。

クリスマスがわたしたちにとって、喜びに満ちた大切な時となりますように。

(S)