青森松原教会ホームページ

青森松原教会は130年の歴史を持つ、キリスト教の教会です。

TEL:017-776-4800

 FAX:017-723-6809

〒030-0813 青森市松原1-16-27

05月

春を待つ

すずらんの花が咲きました。これは、岡山県の愛生園の庭のすずらんの種です。類地ユリさんが同級生の方に青森県の自宅の種を分けたものでした。
私もいただきましたが、いつのまにか生えなくなって無くなりました。そのことを伝えたところ、「岡山で咲いたすずらんの種が実りました。里帰りですよ。皆さん、お持ちください。」と言って、分けていただきました。今年も咲きました。

散歩道の川端に、去年、種を2粒まいてみました。今年、それが芽を出し、花が咲きました。
たぶん、今年もこの花の種が、小中高生の子供達に摘み取られて持ち帰られて、「それぞれのお宅の庭にもすずらんが芽を出して、花が咲くことでしょう。」  楽しみです。   (Y.K.)

2022年5月22日 説教録音

説教題「キリスト・イエスの僕」 説教者 半澤 洋一 牧師
聖書 サムエル記上1章10節 フィリピの信徒への手紙1章1-2節
讃美歌21 476番 

神さまのご計画

もう2022年も5月まできました。あんなにあった雪も山などに残るのみで消えました。きっと今年の夏も35℃近くまで暑くなり、冬になればまた雪がどっと降りというようなことが繰り返されるのだろうなぁと思っています。
 コロナ、コロナで明け暮れてもう3年目。まだマスクしなければいけないのでしょうか。嫌になってしまいます。
 だけど、この先のことは神さまが考えてくださっています。

 わたしは、あなたたちのためにたてた計画をよく心に留めている、と主は 言われる。それは平和の計画であって、災いの計画ではない。将来と希望を与えるものである。そのとき、あなたたちがわたしを呼び、来てわたしに祈り求めるなら、わたしは聞く。    (エレミヤ 29:11.12)

神さまは、いったいどのような計画をたててくださっているのでしょう、楽しみです。

少し前になりますが、ドン・ボスコ社で出版している「こどものいのりシリーズ」の中の『いちにちのいのり』というてのひらの形の絵本をもらいました。そのなかにこんな文章がありました。

  かみさま わたしは きょう いちにち
いろんなことをします。
もし わたしが かみさまのことを
わすれたとしても かみさまは
わたしのことを わすれないでください。

というものです。

以前の説教で「わたしたちが神のことを忘れたとしても、神はわたしたちのことを忘れることはない」というような話を聞きました。その後でもらった絵本のことばがちょうど似たようなことを書いていて心に残りました。これはこの祈っているこどもの切実な願いなのですが、わたしも日常生活で神を忘れそうになることはたくさんあるな、と思いました。 (M・T)