青森松原教会ホームページ

青森松原教会は128年の歴史を持つ、キリスト教の教会です。

TEL:017-776-4800

 FAX:017-723-6809

〒030-0813 青森市松原1-16-27

メッセージ
教会からのメッセージです。
※ブログ等へのコメントについて※
最近、教会ホームページのコメント欄に、多くのスパムメール(ショップの案内等)が届くようになりました。最初はあっても一週間に1-2件だったのですが、ここ3日で500件近いスパムメールが届くようになり、対応に追われています。サーバー会社に問い合わせても、個々に対処するしかないとの回答でした。
せっかくのコメント欄を閉鎖したくはありませんので、今後コメントいただく際は「記事へのコメント」と、冒頭に記していただきますよう、よろしくお願いいたします。それ以外のコメントは一括削除されるよう設定させていただきます。

ブログ一覧

メィク・ア・ウィッシュ夢の実現が人生を変えた

メィク・ア・ウィッシュ夢の実現が人生を変えた

この本の著者、大野寿子さんの講演を聞いたのは11月15日。青森県黒石市の日本キリスト教団黒石教会においてであった。

「メィク・ア・ウィッシュ」の活動は、難病と闘う子ども達に、単にカンバレ、ガンバレと言うのではなく、病気のままでも“夢をあきらめるな!”と、その子ども達の夢の実現のために、家族の費用も無償で、準備のすべてを手配する、アメリカで生まれ、今、世界中で45万人のボランティア団体の活動である。

 この講話の中で、大野さんは、いくつもの例を話されたが、その中の一例を、講話と本で読んだ内容をおり混ぜて記したい。

 吉村和馬くんは筋ジストロフィーの患者さんである。お父さんは医者から病気のことを告げられた時、「歩けるうちに、たくさん旅をさせたい」と思った。できるだけ自力で、常に目標を立て、それを1つずつクリアさせようとした。また、お母さんは和馬くんの病気がわかった時、「もう一生、笑うことはない」と思いつめていたが、後には「どうせだったら、ええ顔して生きて行こうやないの」と笑顔で言うようになった。車イスで旅をするようになり、家族みんなの心が一つになった。

 和馬くんは小学3年生の時の作文の最後にこう書いています。

ぼくは、この病気になって神様からいろんな宝物をもらいました。それは友達とか仲間です。病気は治ってほしいけど、筋ジスはぼくのトロフィーです。

 以前からの目標であった車イスでの阪急電車沿線の旅のゴールを迎えたら、今度は阪神電車に乗り換え、大好きな阪神タイガースの本拠地がある甲子園駅をめざそう! とすでに決めていた。

 「メィク・ア・ウィッシュ」で夢をかなえられると知った時、「憧れの存在だった、阪神タイガースの赤星選手に会いたい」が和馬くんの夢だった。この夢が実現した時、  

和馬くんは赤星選手に手紙を書いていた。

ぼくは病気で走れないので、病気が治ったら赤星さんみたいに走りたいです。それから、変化球の投げ方を教えてください。応援してます。

 赤星選手は「治ったら、一緒に走ろうな!一緒に走ったる!」と。

 大野さんの活動の中で、夢をいだきながらも、その夢を実現できなかった難病の子ども達の重荷に直面した時、“神様なぜですか?”と、この問いを繰り返すことしかできなかったと言う。

 大野さんは「メィク・ア・ウィッシュ」の職を退いたあとも、その活動の“種まきおばさん”として、講演活動を続けている。この活動の原動力となったキーワードは「夢、笑顔、喜び」であり、一言で言うと、この活動の素晴らしさである。

 “はじめは「難病と闘う子ども」という限られた世界に向けての発信だと思っていたのが、大人も子どもも病気も健康も関係なく、全ての人間に関わる「生きる力」という言葉へ直結する深い活動だ、ということに気づくようになった。”と、本の後書きに記していた。

 この活動の支援の輪が、より一層拡がることを祈ります。(R. E.)

今年度は10月19日(土)がバザーです

いよいよバザーがやってきます。例年9月に行っていたので、数件の問い合わせの電話はあったようですが、今年度は都合により10月19日(土)になりました。午前11時から午後1時30分までです。

 いいものがたくさんありますので、是非おいでください。

 9月の16日・17日に連合婦人会の「集い」がありました。今年は浅虫温泉で行われました。この会に参加するのにもいろいろな楽しみがありますが、その中のひとつに本を実際に手に取って試し読みができるということです。キリスト教関連の本は一般書店ではなかなかなくて、書評を読んで取り寄せるしかないことが普通です。あるいは誰かの感想を聞いたりしたりとか。そんな中、「集い」には書籍の販売もまず一緒にくるので楽しみにしています。

 静岡市に本店がある戸田書店が青森市で11年間がんばりましたが、9月29日(日)を最後に撤退していきました。けっこうキリスト教関連の本がたくさんあったところでしたので、残念です。新しい聖書でさえ売っていたのですよ。兄が静岡市に住んだことが30年くらい前にあり遊びに行った時、戸田書店に立ち寄ったことがありました。本屋さんの名前は覚えていませんでしたが、サービスでくれる栞やカレンダーの挿絵が花森安治氏だったのです。『暮しの手帖』の。現在でも変わっておらず、あの時立ち寄ったのは戸田書店だったのかと懐かしく思いました。そんな本屋さんでしたので、とても残念です。

 「集い」で買った本の中に『バイブル・ストーリーによる真理発見』(浜崎英一著、地引網出版刊)があります。素人であってもどんどん聖書の素晴らしさを語って伝道しなさい、かつては印刷物などなくて口伝で御言葉は伝えられたのですから、ということが書いてありました。なかなかできることではないなぁと思っていましたが、同じ教会の中では実践している方もいらっしゃるそうです。私も頑張ろうと思いました。(M. T.)

主の祈り

「赤毛のアン」ご存知ですか?カナダの女流作家モンゴメリの作品で、世界一美しい島プリンスエドワード島を舞台に、孤児のアンがマシューとマリラの兄妹の家に引き取られて成長してゆく物語です。女の子なら読んでいる方が多いのでは?マリラがアンに最初に教えたのが主の祈りでした。アンの感想は「あたしこれ好きだわ。とても美しいんですもの。」1880年訳での主の祈りは以下です。

天にましますわれらの父よ。

ねがわくはみ名をあがめさせたまえ。み国を来たらせたまえ。

みこころの天になるごとく、地にもなさせたまえ。

われらの日用の糧を今日も与えたまえ。

われらに罪をおかす者をわれらがゆるすごとく、われらの罪をもゆるしたまえ。

われらをこころみにあわせず、悪より救い出したまえ。

国とちからと栄えとは

限りなくなんじのものなればなり。

アーメン

さて、今は認知症の父を介護しています。認知症というのは症状にムラがあって、たまにしか会わない人には普通に応対するのに、最も身近な人に対して暴言を吐くのです。最も安心できる相手だからこそ、逆らったり、うすうす自覚している不安からくる怒りをぶつけたりひどい言葉をぶつけるのであり、病気だから仕方ないのです。と理屈ではわかっているのですが、繰り返しひどい言葉をきかされると、うんざりすることがあります。否定の言葉は逆効果なのですが、ついつい否定したくなります。そんな時に、主の祈りを唱えてみるのです。(病気であって罪なのではないですが・・・)すると、心が落ち着いてくるのです。そして、父の怒りなどを受け入れる余裕がでてくる気がします。また、アルバイトで苦情の電話を受けて怒りをぶつけられた時など、その怒りの残響が心に残ったりすることがありますが、そんな時も、主の祈りを心で復唱すると、その残響が洗い流されていく気がします。

あわただしい現代、怒りたくなるような場面にでくわすことも多いかと思います。そんな時に試してみてはいかがでしょうか?

(ペンネーム:すぬこ)こと(S.K)

病を与えられて

 皆さんも健康診断を受けられていると思いますが、今年の健診で以前からあった不整脈が悪性化していることが分かり病院へ行ったところ、Drより心電図を見ながら「これが続くと突然死になる。」と言われ直ぐに入院。それまで自覚症状が無かった私はビックリ!親や夫を置いて死ねないという思いがよぎりました。入院後、点滴や薬で不整脈を軽減し、心臓の検査を行った結果異常なく退院。後日、再入院し不整脈のカテーテル治療を行い、現在は不整脈が無い状態になりました。
 今後、再発する可能性もありますが、病気になったことで生活全般を見直すことができ、周囲の方達に支えられていることを新めて実感しました。神様に与えられた病に感謝です。Y. K.

ルバーブ&カシスジャム64個、できました。

 青森松原教会の女性の会では、毎月第一火曜日と第三火曜日に10時から都合のつく会員や、会員でない方や男性でも大歓迎で集まって、布巾を縫ったりルバーブ&カシスジャムを作ったりしています。たいていお昼ご飯を食べるのでその時だけの参加でもいいのです。料理は皆で持ち寄ります。私は料理が苦手なので毎回ではありませんが、コンビニでお菓子を買って行ったりしています。たまには有名なお菓子屋さんで仕入れないといけませんね。本格的な手作りパンや野菜いっぱいのおかずなど、とてもおいしいからです。恐縮してしまいます。

第五金曜日がある月にはその日にも集まって、布団部屋の布団を干したりすることもあります。その季節や天候によってやることは変わります。お食事会をすることもあります。

 7月16日(火)は第三火曜日でした。今回はルバーブ&カシスジャムを64個作りました。青森松原教会でこのジャムを作り始めて10年くらいになるそうなのですが、一回のジャム作りでできた数では過去最高らしいです。ジャムを作るためには最低5人必要でこの日は8人集まりました。この他にもご自分のお庭で育てたルバーブやカシスを提供してくださったり、雲谷(もや)のカシス収穫体験からとってきたものをわけてくださったり、と様々な奉仕がありました。

 10時から14時20分頃までかかりました。途中お昼ご飯休憩があったり、私は他の用事でなかぬけしたりしました。最初から最後まで奉仕された方々はどれほど暑かったことでしょう。暑い日でした。その中でジャム瓶やその蓋の消毒、そして出来上がった後の脱気と、火を使う仕事ばかりでしたから。ジャムの材料だって煮込みますしね。

 1個450円です。教会受付で販売しています。

また10月19日(土)の教会バザーでも販売いたしますのでよろしくお願いします。

毎年9月に教会バザーを開いていましたが、今年度は都合により10月19日の開催になりました。お間違えのないようにお願いいたします。

 普段の礼拝(毎週日曜日10時30分~)や聖書を学び祈り合う会(毎週水曜日10時30分~11時30分)にもお越しください。お待ちしています。聖書を学び祈り合う会では創世記の学びを続けています。アブラハムの妻サラが亡くなった後、主人公がアブラハムから息子イサクに変わりつつある箇所を今、読んでいます。7月10日(水)ではサラが亡くなりました。後に信仰の母と呼ばれるサラですが、自分の死後であっても神の約束が成就される日は必ず来ると確信し、天国に旅立ちました。その深い、神に対する信頼を私も持ちたいものだと思いました。(M. T.)