青森松原教会ホームページ

青森松原教会は129年の歴史を持つ、キリスト教の教会です。

TEL:017-776-4800

 FAX:017-723-6809

〒030-0813 青森市松原1-16-27

01月

雪に閉じ込められました

2021年1月10日の日曜日、大雪で教会に行って礼拝を捧げることはできませんでした。家の前の道路を右に曲がるとプリウスが雪に埋まっていて、左に曲がるとまた別な車が車輪を雪にとられている、というような感じでした。翌11日も2軒隣の家でホームタンクに灯油を入れてもらおうと呼んだ燃料車が曲がり角の塀にびっしりついた雪のために近づくことが出来ず、長いホースを伸ばして給油するような有様でした。

 雪に閉じ込められる身になりましたので、聖書の中にも雪に閉じ込められる話はないかな?とスマートフォンを検索してみました。中東には雪があまり降らないせいか聖書そのものにはありませんでしたが、宗教改革で知られるマルティン・ルターの話が出てきました。

 宗教改革でローマ教皇に破門されてしまったルターは、ザクセン選帝侯にかくまわれ、ヴァルトブルク城の一室に身を隠しながら1年かけて新約聖書のドイツ語訳を完成させました。当時はラテン語のみしか認められていなかった新約聖書の表記をドイツ語で読めるように翻訳して民衆に広めたのです。雪ではなく世俗の権力によって閉じ込められたのだと思いました。

 話は変わります。

 1972年頃「痴呆」と呼ばれ、家の座敷牢みたいなところにいれられたり病院に入院しても徘徊しないように拘束されたりしていた認知症の患者さんたちに適切な治療をしようと「痴呆」から「認知症」へ呼称変更に関する国の諮問機関のメンバーになり、力を尽くしたお医者さんが88歳の時に認知症になりました。今年は誕生日がきたら92歳になります。若い頃先輩に「あなたの研究は最後にあなたが認知症になることによって完結する」と言われたことがあるそうですが、年月を重ねて本当にそうなってしまいました。長谷川和夫医師のことです。2020年の1月にNHKスペシャルで取り上げられましたのでご覧になられた方も多いかと思います。先生やご家族の方々にも病の身体をテレビカメラの前にさらすことに躊躇はあったそうですが、認知症の患者さんやその家族に正しい理解をして欲しいと思い取材に応じたそうです。実際、認知症になった私の母と同じ反応を示していたところも放映され驚きました。

 先生はキリスト教徒で奥様と初めて会ったのは教会で、その時奥様は小学生で、まさかその子と将来結婚することになるとは思ってもみなかったそうです。

 『ボクはやっと認知症のことがわかった』と『父と娘の認知症日記』という2冊が出版されました。もしもご興味がありましたら一読してください。(M.T.)

猫舌、トラ

手仕事会などでお茶を入れた時、私はしばらく飲めません。猫舌だからです。熱々のポタージュスープなどが一番危険で、何度舌をヤケドしたことか・・・。ある日、「チコちゃん」で猫舌をやるときいて、期待して見ていたら、「猫舌は食べるのがヘタだから」でした。思わず「ヘタって言うな-!」と叫んでしまいました。解説によると、舌で熱に敏感な部分は舌の先だけで、舌の真ん中や舌の裏は熱さに鈍感とのことでした。以前ポタージュでヤケドした舌は舌の先だったのでなるほどと思いました。番組では、猫舌の被験者に舌の先を上顎につけて舌の裏側と下顎で熱い飲み物を受ける訓練をしていました。私もマネしてみましたがとてもやりづらく、その都度うがいのように上を向かないとできませんでした。ピアノのレッスンの時に先生のT子さんにその話をして、熱いものを飲むときに上顎に舌をつけているか聞いてみたら、そんなことはしていないとのことでした。彼女は下顎の前歯の裏に舌の先をつけて、舌の真ん中で飲み物を受けて飲むそうです。よくよく、思い出すと「チコちゃん」でも、歯の裏に舌をつける方法にも触れていたような・・・。やってみたら、そちらの方がずっとやり易かったので、以後そうしています。が、やはりヤケドが怖くて、少し冷ましてから飲んでいますが、冷まし時間が前よりは少なくなりました。猫舌でないみなさん、どうやって飲んでいますか?教えてください。

       *      *       *

猫関連?で、旧約聖書に「トラ」の話がありました。士師記10章1,2節「アビメレクの後、ドドの孫でプアの子であるイサカル人トラが、イスラエルを救うために立ち上がった。彼はエフライムの山地のシャミルに住み、23年間、士師としてイスラエルを裁いた。彼は死んで、シャミルに葬られた。」士師記2章17~19節「・・・彼らは、先祖が主の戒めに聞き従って歩んできた道を早々に離れ、同じように歩もうとはしなかった。主は彼らのために士師たちを立て、士師と共にいて、その士師の存命中敵の手から救ってくださったが、それは圧迫し迫害する者を前にしてうめく彼らを、主が哀れに思われたからである。その士師が死ぬと、彼らはまた先祖よりいっそう堕落して、他の神々に従い、これに仕え、ひれ伏し、その悪い行いとかたくなな歩みを何一つ断たなかった。」とありますが、士師記10章の「トラ」もそんな士師のひとりでした。(ペンネーム:すぬこ)こと(S.K)