青森松原教会ホームページ

青森松原教会は126年の歴史を持つ、キリスト教の教会です。

TEL:017-776-4800

 FAX:017-723-6809

〒030-0813 青森市松原1-16-27

02月

最後のゴスペルが3月10日(土)にあります

大澤先生が異動なさることになりましたので最後になるゴスペルの夕べが、2018年3月10日(土)16時から青森松原教会であります。
ゲストの方もいらっしゃるようなので、どうぞ皆さまおいでください。

2014年の夏に先生がアメリカ研修旅行に行かれて、そこで「ゴスペル」を用いた礼拝によって教会が元気になり、さらにはそれが地域にまで広がり、「ゴスペルの力」が地域の活性化につながっている様子を目の当たりにしていらしたそうです。それ以来、自分の教会でもゴスペルをやりたいと考え、2015年の4月から現実化しました。

その「ゴスペルの夕べ」が最後を迎えることとなりました。
どうか皆さま、ぜひおいでください。(K. N.)

イエスさまを心に宿す

2月のはじめの日、本を渡すことを目的に友だちとランチの約束をし、楽しみにしていました。

前日から本を準備し、当日ウキウキした気持ちでレストランに向かいました。
乗ったバスがしばらく走ったところで突然、“アッ?!本を持って来るの忘れた”、衝撃でした!!友だちはその本を読むのを楽しみにしていたのです。引き返す余裕はないし“謝るしかない”とちょっと心が重くなりました。

テーブルに座って第一声、
「ごめんね。本、忘れてきちゃたの」。

しょぼんと言う私に、瞬時に返ってきた言葉は、
「あら、いいじゃない。神さまはもう1回会う機会をくださったのよ」。

思いがけない言葉。

友だちは、所属教会は私と違うけれど、クリスチャンです。
イエスさまを心に宿している方から出る言葉の温かさと優しさに、ホッと心の荷がおりました。

クリスチャンだったら、誰からもこのような言葉が返ってくる?イヤイヤそんなことはありません。
自分にとって不愉快、不利益な言葉や行為に対しては、自分の中の神さま、イエスさまは消えてしまい、反撃や防御に出るのはよくあることです。
私自身の姿でもあります。

そのレストランはグランドピアノがあり、ランチタイムには生演奏・弾き語りがあります。本を忘れたことに対し、嫌な顔をされたり、叱責されたのだったら、その日のアヴェ・マリアもアメージング・グレイスも違って聞こえたかも知れません。
心が温かくなったその日は、いつにも増して豊かなランチだったのでした。

『父は悪人にも善人にも太陽を昇らせ、正しい者にも正しくない者にも雨を降らせてくださる』
マタイによる福音書5章45節

人間は誰しも何らかの欠けがありますが、どのような一人一人にも、分け隔てなく神さまは愛を注いでくださっていることを信じ、日々、『イエスさまを心に宿す』そのようになれるよう歩みたいです。(S. K.)