青森松原教会ホームページ

青森松原教会は128年の歴史を持つ、キリスト教の教会です。

TEL:017-776-4800

 FAX:017-723-6809

〒030-0813 青森市松原1-16-27

23日

季節は冬から春へ

今年の冬の青森市は雪が少なく、弘前市の三分の一です。九州や中部地方・北陸地方の大雪をみると異常気象なのでしょうか。

2017年2月17日、弘前西教会で北西地区教会婦人会連合第2回連絡会(総会)が開かれました。25名の参加でした。2017年度は弘前地区から役員が出ることになっていて、委員長・書記・会計の三役とも木造教会の方々がやってくださることになりました。

その次の2018年度は青森地区から役員を出すことになっています。4つの教会から選ぶことになっていますが、実質的には青森教会と青森松原教会の2つの教会から出すことになっています。

ところが青森教会が高齢化もあり、脱会すると宣言したのです。そうなると当青森松原教会から三役すべて出さなければなりません。出席していた私たちは地区の再編を要望しましたが、結論は先送りされてしまいました。5月まで持越しです。青森教会が脱会するかどうかもです。働ける方は6名しかいなくてそれぞれ役割をもっているからこれ以上もつのは無理、ということでした。

婦人会連合の顧問である浪岡伝道所の石川牧師はマルコによる福音書4章24~25節「何を聞いているかに注意しなさい。」で始まる『「ともし火」と「秤」のたとえ』のところを用いて説教をささげられました。外のものを見ているようであっても私たちは実のところ、自分自身を見ているのだ。聞こえているものもそうで、外の音を聞いているようでも実はうちなる自分の声を聴いているのだ。いかに自分という殻が堅固で御しにくいものか、気がつかなければならない。自分のフィルターを通して判断してばかりではいけない、ということでした。

一人一人の「私」は違うけれども、御言葉を問うという一点のみで心をひとつに合わせることができます。私の理想はさまざまな異なる賜物を持つ人々が協力しあう教会です。

2017年度は教会に対し、どのような奉仕ができるでしょう。いや「神様に対し」かな。自問自答しながら慎重に歩んで行きたいと思います。

(M.T.)