青森松原教会ホームページ

青森松原教会は130年の歴史を持つ、キリスト教の教会です。

TEL:017-776-4800

 FAX:017-723-6809

〒030-0813 青森市松原1-16-27

未分類

2022年9月25日 説教録音

説教題「弱さに輝く主の恵み」 説教者 伊丹 秀子 牧師(黒石教会)
聖書 イザヤ書42章1-3節 コリントの信徒への手紙二 12章9-10節
讃美歌21 519番
録音は 前半と後半のふたつあります。

アウトな日

 今日は9月上旬。天気は暑すぎない、爽やかな晴れ。
内科の定期受診、来週では薬がなくなるし、歩きびよりの今日、昼頃出かけようと決める。
 私のところからクリニックまで、停留所一つ。そのクリニックは昼休み無しの午後3時まで通しでやっているから、昼頃行くとほとんど待たずに受診できる。

 気持ちよく歩き、着くとクリニックの歩道に面した玄関で、印刷物を見る女性がいた。見ると、『今日の診療は終わりました』。2人とも“エエーッ?!”と声にでたけれど、終わったものはしょうがないと、その場をはなれた。私はクリニックが終わったら、図書館の予約本を受け取る予定でいたので、図書館に向かって歩く。何時だろうと思いバッグを覗き、“アッ!!スマホ忘れた!!”。スマホケースのポケットに図書利用者カード入れているので借りられない!と思ったけど、“待てよ。カード無くても身分証明書あれば、可能かも”と思い直したものの、すぐに“身分証明書もスマホケースだ!!”
 新町の近くまで歩き進んでいたので、このまま引き返したら、心が灰色っぽい気がして、“よし!どっかでランチ食べよう。小さなチャレンジで、今まで一度も入ったことのない店にしよう、でもどこにしようかな?”と歩き続けた。

 前を通るたびに、ちょっと気になっていた、さくら野百貨店向かいのホテルの一階のレストランに入ることに決めた。“どんな店なんだろう?”とちょっと気になってたこともあったから。和風な店名から、和風っぽい内装をイメージしていたけれど、全く違い、壁面はコンクリートの打ちっぱなし、天井は配管むき出しだけれど、今っぽくてしゃれている。店内は会話を妨げない程度の音量で、音楽が流れている。お客さんは若い人たちのグループ、二人連れが多い店。
 何を食べようか。そこでも小さなチャレンジ。歩道に貼り出されてあった“季節限定トマト混ぜうどん”。そんなに食欲を誘われるものではないけれど、それだから余計にどんな物が出てくるか確かめたい気もし注文。以外!冷たいうどんと思ったのに、熱いうどんの上に、小さなサイコロ状の肉、カット状のとろけるチーズ、トマトソース、万能ねぎが綺麗にトッピングされ、真ん中に生卵黄。イタリアン仕立てになっている。麺は沖縄のソーキそばに近い食感。ザッと混ぜるとチーズはとろけてしまった。美味しかったです。食後にカプチーノ。表面にハートと小さな葉状の模様が描かれ且つ、とても美味しかった。 店に入ったことで、普段は得られない街の内面に出会うことができました。入るまでは、“今日はアウトだったなァ”と思っていたのに、出たときは晴れ。小さなチャレンジができるのは、神さまからの後押しのおかげ。感謝です。(S.K)