青森松原教会ホームページ

青森松原教会は129年の歴史を持つ、キリスト教の教会です。

TEL:017-776-4800

 FAX:017-723-6809

〒030-0813 青森市松原1-16-27

未分類

SDGsって何?

最近テレビのチャンネルをまわすとSDGsという言葉がよく出てきます。でも、断片的なのでネットで調べてみました。SDGsの発音は「エス・ディー・ジーズ」で、”Sustainable Development Goals”(持続可能な開発目標)の略称だそうです。17のゴール(目標)とさらに詳細な169のターゲットがあるそうです。以下に列挙してみます。

【17のゴール(目標)】 (ゴール1)貧困をなくそう (ゴール2)飢餓をゼロに (ゴール3)すべての人に健康と福祉を (ゴール4)質の高い教育をみんに (ゴール5)ジェンダー平等を実現しよう (ゴール6)安全な水とトイレを世界中に (ゴール7)エネルギーをみんなに そしてクリーンに (ゴール8)働き甲斐も経済成長も (ゴール9)産業と技術革新の基盤をつくろう (ゴール10)人や国の不平等をなくそう (ゴール11)住み続けられるまちづくりを (ゴール12)つくる責任、つかう責任 (ゴール13)気候変動に具体的な対策を (ゴール14)海の豊かさを守ろう (ゴール15)陸の豊かさを守ろう (ゴール16)平和と公正をすべての人に (ゴール17)パートナーシップで目標を達成しよう 

【背景】2000年に国連サミットで採択された「MDGs(ミレニアム開発目標)」が2015年に達成期限を迎えた契機に、MDGsに代わる世界目標として、2030年を達成期限としたSDGsが2015年に採択されました。MDGsは途上国支援中心に、内容は先進国が決めていて実情にあわなかったり、途上国からの反発や地域的な偏りが指摘を受け、SDGsは先進国と途上国が一丸となって達成すべき目標で構成されており、その普遍的な目標として「誰も置き去りにしない」ことを目指しています。

【日本の評価】2018年7月に発表されたSDGs達成ランキングにおいて全156か国中、日本は15位で、達成と評価されたのはゴール4のみ。特にゴール5,12,13,14,17の五つについては4段階評価で日本は最低の達成度だそうです。

【個人でできるSDGs】というわけで、個人や自宅で簡単にできるSDGsは何かな?と調べてみたら、たくさんあって書ききれないので一部紹介します。かっこ内は関連するゴールです。

・レジ袋やプラスチック製品を使わない(ゴール14) ・食べ残し、使い残しをしない(ゴール2,12,13,14,15) ・節水(ゴール6,7,13) ・節電(ゴール7,13) ・環境に配慮した製品を購入する(ゴール12) ・海や川や野山に行ったらごみは持ち帰る(ゴール14,15) ・ペットを捨てない(ゴール14,15) ・フードバンクや子供食堂に寄付する(ゴール1)

【最近始めたこと】生ごみ受けの袋をポリ袋などのプラスチックでなく、新聞紙やチラシで折ってつくる紙袋を使うことをテレビで紹介していたので最近はじめました。紙袋に入れたまま放置すると水分も減らしてくれるので使い勝手よいです。

以上、すでにみなさんは知っているかもしれませんが、紹介してみました。(ペンネーム:すぬこ)こと(S.K)

バリデーションのテクニック1-センタリング(精神統一)-

今回は、14ある「バリデーションのテクニック」から「センタリング(精神統一・集中)」についてお伝えしたいと思います。

 介護者は精神の集中を行うため、自分自身の呼吸に焦点を合わせ、できる限り「怒り」や「イライラ」を体の中から追い出します。自分自身の「怒り」や「イライラ」から解放されることによって、コミュニケーションをとろうとする相手の気持ちを心から感じ取ることができます。共感と同意をもって聴くことができるようになるためには、自身の感情を完全に解き放つことが大切です。ですから、すべてのバリデーションのセッションは、このセンタリングのテクニックから始まります。センタリングは、約3分間で行います。

  • 下腹(ウエストから下5㎝)に神経を集中させます。
  • 鼻からゆっくり息を吸い込み、体を新鮮な空気で満たします。ゆっくり口から息をはきだします。
  • すべての思考をとめ、あなたの呼吸にすべての意識を集中させます。
  • この手順をゆっくり8回繰り返します。

次回は、「事実に基づいた言葉を使う」についてお伝えします。(Y.K.)

手紙の向こうにある世界

ある日、一通の手紙が届いた。届いた時、とても戸惑った。

たどたどしい字で群馬県高崎市の住所、名前はソ○ターニー・ゴ○ーム・レ○ーとあった。住所にも外国名の差出人にも全く覚えがなかった。

 手紙を前にし、“ハッピーをもたらす手紙?それともアンハピー?”と思案しながら、ハッと思い出したことがあった。

 その手紙が届く前、千葉のカトリック教会員である友だちから、手紙と資料を添えて一人のイラン人を支援するための募金依頼があった、それに応答したことを。封を開けたら、やはりそのイラン人からのお礼の手紙だった。

 友だちによると、その方ゴ○ームさんは難民(日本政府は認定していないが)としての不法滞在者で仮放免になっているのだが、生活に困り支援が必要だという。

 不法滞在者の管轄は法務省出入国管理庁で、不法滞在者は茨城県牛久市と長崎県大村市にある出入国管理センターか、国内に数カ所ある収容施設に入れられる。

 千葉の友だちの教会の神父さまは87歳のアイルランド人で、一ヶ月に一度、定期的に牛久の出入国管理センターに通い、収容されている方たちの話しを聴き、支援物質を届けることをされている。友だちも時々一緒にお伴しているよう。

 不法滞在者には様々な背景があるが、難民であろうと、すでに家族もあり何十年と日本に暮らし続けている人であろうと、法に則った滞在許可のない者は摘発の対象となる。日本政府の方針は一日も早く送還したい。そのためにセンター・施設での待遇が悪ければ、帰る気になるだろうという理由もあり、ひどい待遇、暴力行為が行われているという報道もある。

 イランの正式名称は「イラン・イスラム共和国」で、国民のほとんどはイスラム教だが、ゴ○ームさんは、カトリック信者。本国で反政府運動に加わっていたということで、身に危険が及び逃れてきたそうだ。帰国すれば殺される。難民認定がされない場合、センター・施設に収容されるか、施設に入らない仮放免となる。仮放免となっても仕事につくことは禁止、居住県外への外出禁止の制約があり、破るとまた収容される。収容されても、仮放免でも日々の暮らしは厳し過ぎる現実。

 今年、3月9日のNHK BS・世界のドキュメントで、『ナスリン 闘う女性弁護士』が放映された。ゴ○ームさんの国イランで、人権活動家で弁護士をしているナスリンさんという女性。度々投獄され、現在の刑は禁錮38年、鞭打ち148回。国内はもとより米国、ヨーロッパでナスリンさん救済の抗議デモや集会をしていることも伝えられた。

 キリスト教会では、今年は2月17日〜4月3日まで受難節で、翌日4日が復活日。イエスさまが磔刑にされ息を引き取られるまでの日々を思い、3日目に復活されたことを祝う時。

 私たちが知らないだけで、世界には闇が深い国で、イエスさまのお苦しみ、鞭打たれ、罵られ、命を奪われる出来事を体験されている人々が、イランだけではなく、いっぱいいることを知らされる。そのような中で、自分にできる小さなことをしていきたいと願っている。(S.K.)

私が弱い時こそ私は強い

私が弱い時こそ私は強い。

私は自分が弱いと思っています。

だから、他人より祈るし、それで心に病にもなります。

でも、その事に感謝しています。

特に一人で暮らすようになって、ほんの小さい事のためにも祈ります。

他の人が聞いたら、そんな事のためにも祈るの? と聞かれそうです。

でもいいのです。

神さまと交わることが多いから。

私はこの一人の時間が好きです。

賛美をし、聖書を読み祈り、力や元気をいただく。

こんな一人の生活を大切にしています

でも、神様はちがうご計画を考えているようで、

この弱き者に何をなさるのか、ただただ神様を仰ぎ見ているだけの今の私です。(N. T.)

「スキー教室」と思い出の「お弁当」

二月初旬のこと、孫の小学校の「スキー教室」が行われました。「お弁当」が必要とのことで、当日は朝早目に起き準備しました。何を作ろうかと考えていた時に、はるか昔、60年位も前、自分の中高時代、電車通学をしていた頃の「お弁当」を思い出しました。

 朝5時半ころ起きて、台所に行った時、食卓に何も上がって無かったので、母に「今日のお弁当のおかず何?」と聞いたとき、母はニコッと笑いながら、「マズロ(待ってね)、これから畑サ行って採って来るガラ」と言って、畑の方へ行ったのです。十数分して戻って来た時には、前掛け(前半分のエプロン)の中に、ナス・ほうれん草、トマト、キュウリなど野菜が一杯入っていました。

 出来上がった「おかず」は、塩マスの焼き魚、ナスの味噌いため、ほうれん草のおひたし、卵焼き、トマトなどでした。食べ盛りの私のその日の昼食は「お弁当」プラス菓子パン1個でした。16歳で父、30歳で母と死別しましたが、懐かしく楽しい思い出がたくさんあります。その中でも前述した「お弁当」の思い出が特に強く心に残っています。

 「スキー教室」を終え、帰ってきた孫に「スキー教室」どうだった?と聞くと、まず第一声が「楽しかった」とのこと。あとは、初級者用の低い山から、何度も転びながら滑り降りて来たけれど、とても楽しかったと言う。

 ケガもなく元気に、そして何よりも楽しく「スキー教室」を経験出来たことを学校の先生方に感謝すると共に、天の父なる神さまに、心から感謝の祈りを献げました。(R.E.)

雪に閉じ込められました

2021年1月10日の日曜日、大雪で教会に行って礼拝を捧げることはできませんでした。家の前の道路を右に曲がるとプリウスが雪に埋まっていて、左に曲がるとまた別な車が車輪を雪にとられている、というような感じでした。翌11日も2軒隣の家でホームタンクに灯油を入れてもらおうと呼んだ燃料車が曲がり角の塀にびっしりついた雪のために近づくことが出来ず、長いホースを伸ばして給油するような有様でした。

 雪に閉じ込められる身になりましたので、聖書の中にも雪に閉じ込められる話はないかな?とスマートフォンを検索してみました。中東には雪があまり降らないせいか聖書そのものにはありませんでしたが、宗教改革で知られるマルティン・ルターの話が出てきました。

 宗教改革でローマ教皇に破門されてしまったルターは、ザクセン選帝侯にかくまわれ、ヴァルトブルク城の一室に身を隠しながら1年かけて新約聖書のドイツ語訳を完成させました。当時はラテン語のみしか認められていなかった新約聖書の表記をドイツ語で読めるように翻訳して民衆に広めたのです。雪ではなく世俗の権力によって閉じ込められたのだと思いました。

 話は変わります。

 1972年頃「痴呆」と呼ばれ、家の座敷牢みたいなところにいれられたり病院に入院しても徘徊しないように拘束されたりしていた認知症の患者さんたちに適切な治療をしようと「痴呆」から「認知症」へ呼称変更に関する国の諮問機関のメンバーになり、力を尽くしたお医者さんが88歳の時に認知症になりました。今年は誕生日がきたら92歳になります。若い頃先輩に「あなたの研究は最後にあなたが認知症になることによって完結する」と言われたことがあるそうですが、年月を重ねて本当にそうなってしまいました。長谷川和夫医師のことです。2020年の1月にNHKスペシャルで取り上げられましたのでご覧になられた方も多いかと思います。先生やご家族の方々にも病の身体をテレビカメラの前にさらすことに躊躇はあったそうですが、認知症の患者さんやその家族に正しい理解をして欲しいと思い取材に応じたそうです。実際、認知症になった私の母と同じ反応を示していたところも放映され驚きました。

 先生はキリスト教徒で奥様と初めて会ったのは教会で、その時奥様は小学生で、まさかその子と将来結婚することになるとは思ってもみなかったそうです。

 『ボクはやっと認知症のことがわかった』と『父と娘の認知症日記』という2冊が出版されました。もしもご興味がありましたら一読してください。(M.T.)

猫舌、トラ

手仕事会などでお茶を入れた時、私はしばらく飲めません。猫舌だからです。熱々のポタージュスープなどが一番危険で、何度舌をヤケドしたことか・・・。ある日、「チコちゃん」で猫舌をやるときいて、期待して見ていたら、「猫舌は食べるのがヘタだから」でした。思わず「ヘタって言うな-!」と叫んでしまいました。解説によると、舌で熱に敏感な部分は舌の先だけで、舌の真ん中や舌の裏は熱さに鈍感とのことでした。以前ポタージュでヤケドした舌は舌の先だったのでなるほどと思いました。番組では、猫舌の被験者に舌の先を上顎につけて舌の裏側と下顎で熱い飲み物を受ける訓練をしていました。私もマネしてみましたがとてもやりづらく、その都度うがいのように上を向かないとできませんでした。ピアノのレッスンの時に先生のT子さんにその話をして、熱いものを飲むときに上顎に舌をつけているか聞いてみたら、そんなことはしていないとのことでした。彼女は下顎の前歯の裏に舌の先をつけて、舌の真ん中で飲み物を受けて飲むそうです。よくよく、思い出すと「チコちゃん」でも、歯の裏に舌をつける方法にも触れていたような・・・。やってみたら、そちらの方がずっとやり易かったので、以後そうしています。が、やはりヤケドが怖くて、少し冷ましてから飲んでいますが、冷まし時間が前よりは少なくなりました。猫舌でないみなさん、どうやって飲んでいますか?教えてください。

       *      *       *

猫関連?で、旧約聖書に「トラ」の話がありました。士師記10章1,2節「アビメレクの後、ドドの孫でプアの子であるイサカル人トラが、イスラエルを救うために立ち上がった。彼はエフライムの山地のシャミルに住み、23年間、士師としてイスラエルを裁いた。彼は死んで、シャミルに葬られた。」士師記2章17~19節「・・・彼らは、先祖が主の戒めに聞き従って歩んできた道を早々に離れ、同じように歩もうとはしなかった。主は彼らのために士師たちを立て、士師と共にいて、その士師の存命中敵の手から救ってくださったが、それは圧迫し迫害する者を前にしてうめく彼らを、主が哀れに思われたからである。その士師が死ぬと、彼らはまた先祖よりいっそう堕落して、他の神々に従い、これに仕え、ひれ伏し、その悪い行いとかたくなな歩みを何一つ断たなかった。」とありますが、士師記10章の「トラ」もそんな士師のひとりでした。(ペンネーム:すぬこ)こと(S.K)

コロナ禍の時、私たちは何をすべきか

今年は、コロナ禍で時間短縮とはなりますが、12/20クリスマス礼拝・12/24クリスマスイヴ礼拝が行われます。

この世に救い主イエス様がお生まれなさった喜びを感謝したいと思います。

コロナが早く収束するように祈っていますが、なぜ今このような感染症が流行しているのか?何か神様のお考えがあるのか?などいろいろと考えています。

今この時、私たちが何をすべきか良く考えて行動したいと思います。(Y・K)