青森松原教会ホームページ

青森松原教会は128年の歴史を持つ、キリスト教の教会です。

TEL:017-776-4800

 FAX:017-723-6809

〒030-0813 青森市松原1-16-27

神さまはひとつの窓を閉めると必ず別の窓を開けてくださる

神さまはひとつの窓を閉めると必ず別の窓を開けてくださる

あなたがたを襲った試練で、人間として耐えられないようなものはなかったはずです。神さまは真実な方です。あなたがたを耐えられないような試練に遭わせるようなことはなさらず、試練と共に、それに耐えられるよう、逃れる道をも備えていてくださいます。

(コリントの信徒への手紙一 10章13節)

2020年4月8日(水)20時11分、岡田クニ姉が天に召されました。81歳のご生涯でした。青森松原教会で2006年から2014年まで長老をなさり、教会婦人会連合でも長い間活躍なされた方でした。葬儀は4月11日(土)、当教会の礼拝堂でストーブをつけながら窓や扉は開けたままという形でしめやかに執り行われました。本来であればクニ姉と共に奉仕をなされた方々に広くお知らせしたいところではございましたが、新型コロナウィルスが猛威をふるう中、葬儀のお知らせは近隣教会に対してだけなどごく狭い範囲にとどまらせていただきました。

私個人の思い出を語らせていただきますが2014年の復活祭で洗礼を受け、信仰の導き手が岡田クニ姉でした。優しく教えていただきましたけれど、それから間もなく入院なされてしまい、あまりお話できなくなってしまったのが残念です。

4月3日(金)の夜に青森市で新型コロナウィルスに感染した方が出たことがニュースになりました。12日(日)の今日では22人に増えました。青森松原教会では礼拝を除き、諸集会は休止になりました。祈祷会やお茶の会、第1主日の昼食も休止です。6月に予定されていた伝道礼拝も延期になりました。

 祈祷会(正式名称は「聖書を学び祈り合う会」です)、休止は残念です。とても楽しみでしたのに。早く新型コロナウィルスに効くワクチンと薬が開発されることを祈ります。

 タイトルにした「神さまはひとつの窓を閉めると必ず別の窓を開けてくださる」ということばはキリスト教徒ではない私の叔父のものです。子どものひとりが病気で何度も手術をしなければならない人生を送り、今も闘っています。だからこそこのことばを心の慰めとしたのでしょうね。その下の引用したコリントの信徒への手紙一・10章13節は困難に立ち向かわねばならなくなった人々に贈られてきた聖書のみことばです。得体の知れないウィルスと共存することになった今は、とても身に沁みます。  (M.T.)

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です