青森松原教会ホームページ

青森松原教会は126年の歴史を持つ、キリスト教の教会です。

TEL:017-776-4800

 FAX:017-723-6809

〒030-0813 青森市松原1-16-27

活動名

活動名

sample

ここに活動の説明が入ります。

ここに活動の説明が入ります。

ここに活動の説明が入ります。

»

コメント

  • HAGURA より:

    こんにちは

    こちらは連日夏日です
    青森もいくらか暖かくなりましたか?

    次週のこどもの祝福というのはどういったものなのでしょうか?
    また 礼拝のどの部分でするのですか?
    こちらのキャンプの時のこどもの祝福のようなものですか?

    上尾合同も次週はこどもの日・花の日教会合同礼拝で内田先生が説教です(秋山墨子はEMSでドイツへ)
    礼拝後楽しい大掃除です!

    青森松原教会の次週の礼拝が特に子供たちの上に主の豊かな祝福がありますように

    • HAGURA様

      讃主

      コメントをありがとうございました。
      こちらはだいぶ過ごしやすい陽気が続いております。
      鉄筋モルタル、北側が日陰の会堂は、かなり冷えるのですが、その会堂でもようやく先週から暖房がいらなくなりました。

      上尾合同のように、大人と子どもが一緒に礼拝を守るスタイルとなっていないので(子どもは一昨年まで0名でしたから…)、年に三回(6月の「花の日・子どもの日」、11月の「収穫感謝」、12月の「クリスマス」)合同礼拝を行っています。私が来る前から、このスタイルだったので、変更せずに踏襲しました。その中に、昨年度から「子ども祝福式」(6月・11月のみ)を導入しました。これは私の母教会で6月と11月に行っていた行事です。説教・祈祷の後、子どもたちへ前に出てきていただき、子どもたちの健やかな成長と安全を願い、聖書を読み、祈祷をささげます。一人ひとりの頭に手を置き、短く祈った後、牧師のメッセージ入り聖句カードをあげます。その後、一人ひとりの名前を呼んで、元気に返事をしてもらい、大人たちに顔を見せて、席に戻ってもらいます。七五三の時に神社やお寺で健康を祈る、日本的文化が、教会に取り込まれた形かと思います。同じような行事を行っている教会を今までいくつか見てまいりました。

      先月のCS礼拝出席の平均が7名、先週も7名(1名新しい子)でした。今年から出席カード(出席した週に、シールを貼る)を導入し、皆勤賞・精勤賞の表彰を始める事にしました。「皆勤章を狙う!」とまだ一回も休まずに来ている子どもがいます。嬉しい事です。少しずつ、CSの働きも整えられつつあります。

      上尾合同教会の上に、主の御祝福を祈ります。

      主に在りて

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>