青森松原教会ホームページ

青森松原教会は128年の歴史を持つ、キリスト教の教会です。

TEL:017-776-4800

 FAX:017-723-6809

〒030-0813 青森市松原1-16-27

牧師のアメリカ滞在記③

牧師のアメリカ滞在記③

本日(3日目)は滞在して最初の日曜日。1日で3つの教会の礼拝に出席するという強行軍。にもかかわらず、時差ボケの影響か、夜中に2時間おきに目が覚めてしまい、体調が整わないままの出発となりました。

最初の礼拝はキスト岡崎宣教師ご夫妻の支援教会の一つで、マタワン市にあるカルバリーリフォームド教会。車で1時間ほどの移動でした。到着するやいなや、でかでかと看板に私たちを歓迎する言葉を発見!教会に入る前から、とても心が温かくなりました。礼拝前も牧師室で役員たちと短く懇親の時を持ち、礼拝でも日本宣教の報告のためにたくさんの時間を割いてくださったばかりか、丁寧に一人ひとりをご紹介までしてくださり、教会のみんなが私たちを歓迎してくださっているのがひしひしと伝わってまいりました。日曜学校の活動が盛んな教会で、礼拝後に見学させていただき、参考になることがたくさんありました!また教会に持ち帰り、生かしたいと思います。

礼拝後は牧師宅を訪ねて豪華なビュッフェをいただきました。とっても美味でした。すごいお宅で、地下には卓球台やランニングマシーン、ドラムセットなど、お庭には大きなトランポリンやテニスコート。次元が違います(^_^;)。食事の後、みんなでスポーツに汗を流し、アメリカ滞在中の運動不足をほんの少しだけ解消しました。

ホランドへ戻り、15時からはウェスタン神学校内の日本語礼拝へ出席。明治学院大学の交換留学生15名なども出席され、普段よりかなり日本人比率の高い礼拝となったようです。近隣神学校の学生も多く出席しておられ、カルヴァン神学校に通う牧師と親しくなったり、ホープカレッジに通う学生の信仰の証しを伺ったりできました。ここでも豊かな持ち寄りのお食事会とお茶会が開かれましたが(毎週行われているようです)、さすがにお昼に豊かなビュッフェをいただいたばかりでしたので、みな飲み物だけで失礼させていただきました。また、ずっとお会いしたかった東京神学大学で長きにわたりご指導を続けてこられたヘッセリンク宣教師とその奥様にお会いすることができました。水曜日にまたゆっくりお会いできるそうで、今から楽しみです。

最後は15分ほど移動して、18時からのハーレムリフォームド教会の夕礼拝。夕礼拝だというのに、私たちを含め30名ほどが出席されていました。祈りの課題の中で、牧師夫人が「日本の教会の必要は何かしら?」とわざわざ問うてくださり、日本のためにも祈りがささげられました。また派遣の祈りの際も、私たちをぐるっと囲み、私たちの背中にみんなが手を置き、一人ひとりが篤い祈りをささげてくださいました。手からもその温かさが伝わってきて、少しうるっときてしまいました。こんなにも地球の裏側で、私たちを覚え、私たちのために祈ってくださる方々がおられるのかと知り、本当に胸が熱くなりました。

最後の礼拝で驚くべき再会が。偶然にもその教会は、キスト岡崎宣教師ご夫妻の神学校時代の同級生が通われている教会だったのです。約25年ぶりの再会が果たされました。突然の来訪にもかかわらず、再会を喜び、ご自宅へ夕飯にお招きくださり、心身共に豊かなひと時を過ごすことができました。神学校時代の宣教師ご夫妻の裏話などもたくさん伺え、とても楽しいひと時でした。

明日はこちらの祝日を利用してのシカゴ観光です!明日も早いです&いよいよ長距離運転を任されそうです。体調を整えて臨みたいと思います。

熱烈歓迎!

熱烈歓迎!

カルバリーリフォームド教会 3本の十字架

カルバリーリフォームド教会
3本の十字架

牧師宅ビュッフェ

牧師宅ビュッフェ

牧師宅犬マイヤー

牧師宅犬マイヤー

地下には卓球場まで!

地下には卓球場まで!

ウェスタン神学校日本語礼拝 ホープカレッジ学生による証し

ウェスタン神学校日本語礼拝
ホープカレッジ学生による証し

ウェスタン持ち寄り食事会

ウェスタン持ち寄り食事会

ハーレムリフォームド教会

ハーレムリフォームド教会

延々と続く、教会裏にあるハーレムリフォームド教会員の畑

延々と続く、教会裏にあるハーレムリフォームド教会員の畑

 

 

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です